CloudFlareを利用して無料でSSL証明書を設定する


まず、CloudFlareにSign Upのリンクから登録します。

https://www.cloudflare.com

サインインまで完了したら準備完了です。

サイトの追加

「+ Add Site」のリンクをクリックすると下記の画面になるので、利用したいドメイン名を入力して「Begin Scan」のボタンをクリックします。

レコードの設定

下記のような画面になりますが、基本AレコードにサーバのIPを設定するか、CloudFlareが提供しているDDNSクライアントを使用すれば自宅サーバ等で固定IPでなくても利用可能です。

「hogehoge.com」のサーバIPが「111.222.11.22」の場合の設定例としては、下記のようになります。

「Add Record」をクリックして追加したら「Continue」で次画面へ

プランの選択

プランの選択画面になりますが、今回は無料のプランを選択して次へいきます

ネームサーバーの設定

CloudFlareで使用するために、ネームサーバーをCloudFlareのものに変更します。

プライマリ:chuck.ns.cloudflare.com

セカンダリ:lorna.ns.cloudflare.com

設定し終えて、反映されたら次へ進みます。

確認

ネームサーバー及びレコードの設定が正しければhttpsでサイトにアクセスできるはずです。

ちなみにこのブログも無料プランを使用していますが、現状のSSL LABSの評価ではAになっています。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL