電気代がえげつないので自宅サーバをやめた話


うちのマンションの普段の電気代は5,000円ほど、自宅サーバを運用してからは+3,000円の8,000円…

レンタルサーバのほうが安いやないかいっ!!

もともとは5年ほど前に購入したBTOパソコンをそのままサーバ機として運用したのがはじまり。

ぼく「スペックめっちゃええし、これならVPS借りるよりええやん!タダやん!!」

と思っていたのもつかの間、スペックがいいだけに消費電力もすごかった・・・(・_・;)

ましてや届け出なしで商用利用もできないので、ただただ娯楽のために月3kを支払ってしまっていることに気づかないのは自宅サーバ運用が楽しかった以外の何者でもない・・・。

被害者が増えないためにも自分なりにメリットデメリットを下記にまとめてみた。

メリット

  • 基本無料(その他光熱費などは省く)
  • ルーターの設定など、ネットワーク関連の知識が少しだけだがつく
  • 外付けHDDをつなげてネットワークドライブとして扱ったりできる

使い方次第ではメリットのほうが上回る人もいるだろう・・・。

デメリット

  • 消費電力の高いCPUなどを使用しているとまあまあ電気代を食う
  • サーバがうるさい
  • 夏暑い
  • 稼働中は迂闊に電源切れない(部屋の掃除もままならん)
  • 転送量が多いとプロバイダから怒られるかもしれない
  • メンテナンスは実費

今回は3,000円程度のケチな話だが、特に目的もなく運用するのには向かない。

もし立てるならミニPCのようなものを使うのをおすすめします(´;ω;`)


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL