Mastodonのアップデート手順


現段階では頻繁にアップデートが行われているので、こまめにインスタンスのアップデートをしてあげましょう。

cd [Mastodon設置場所]
git fetch

として最新情報をローカルリポジトリに反映します。

git status

# HEAD detached at v1.3.2
# Changes not staged for commit:
#   (use "git add ..." to update what will be committed)
#   (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
#
#       modified:   docker-compose.yml
#
no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

docker-compose.ymlのみ編集している状態です。
そして、git stashで変更内容を一時退避させてからチェックアウトを行います。
チェックアウト後に退避させた変更を戻します。

git stash save
git checkout v1.3.2
git stash pop

ここまで実行したら、あとは再度ビルドし直せば反映されます。

docker-compose build
docker-compose run --rm web rails db:migrate
docker-compose run --rm web rails assets:precompile
docker-compose up -d
systemctl restart nginx

念のためnginxの再起動を行っています。
アップデート中はインスタンスは停止されるので、気をつけてください。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL