東プレRealforce108UBKレビュー


東プレのRealforce買っちゃいました。

値段は2万円弱でした。

前評判としては

  • 10年使えるキーボード
  • 一度これを使ったら他のキーボードが使えなくなる

といった評判みたいです。

箱はこんな感じ

箱には余計な付属品はなく、キーボードがしっかりと入っている

設置して完成。

外観

高級キードードだけあって質感は他の一般的なキーボードに比べてマット感(?)みたいなのが強い

あとそのままの状態だとかなり重いので、位置ずれが起こりにくいが、頻繁にキーボードを動かす人には向いていないかもしれない。

打鍵感

タイピングは気持ちいい、本当に気持ちいい。

店頭でカタカタ触るよりかは実際に文字をタイピングしてみないとなんとも言えないと思う。

たままたこのキーボードが自分にあっているだけかもしれないが、タイピングミスなども滅多にしないようになっている。

ゲーミングキーボードによくあるカチカチ音などはまったくなく、かなり音は静か。

感想

ライターやコーダーなどよくタイプをするような人には特におすすめしたい。

高級キーボードというだけあってやはり高いが、今後数年使うことを考えればそう高い買い物でもない。

ゲームも少しプレイしてみたが、問題なくプレイできているので、ゲーム用途でも特に問題はないだろう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL