GDライブラリとImageMagickの違い・それぞれの利点


gd-imagemagick

GDライブラリ

  • ImageMagickよりも高速
  • ほとんどのレンタルサーバなどで使える
  • GDを使用したライブラリやコードが豊富
  • 画質がImageMagickに若干劣る

ImageMagick

  • 機能が豊富(画像の拡縮だけでなく合成なども用意)
  • コードがすっきり書ける
  • サーバによっては権限の兼ね合いや、インストールされていないなど使えない場合がある
  • 画質はGDで通常変換したときよりも綺麗

簡単にいうとこんな所だろうか。

画質を重視したり、よほど特殊なことをしなければGDライブラリを使用すればいいとは思うけど、個人的にはImageMagickをおすすめしますね。

理由はコードが綺麗だから!

javaやphpでexecやsystem関数などでコマンドラインにconvertと記述してパスだけ指定でいいので、これほどスッキリ書けるに越したことは無いだろうと思う。

ただ使える環境は限られるので、もし他社サーバを利用するときなどは機能面も含めて検討するといいと思う。

ちなみにGDでも再サンプリングすればそこまで画質を落とさずにいけるので、結局好みなんかね。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL