redis2.6.7をソースからインストール


redis

こうそくなKVSのデータベースredisをインストールしてみたメモ。

特に難しいことはなく、殆ど公式サイトの書いてある通りでインストールできる。

まず、ソースをダウンロードする。

いつものようにソースは/usr/local/src/に落としておく。

[shell]

cd /usr/local/src/

wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.6.7.tar.gz

tar zxvf redis-2.6.7.tar.gz

cd redis-2.6.7

make

make install

[/shell]

とりあえずこれで完了。

あとは起動スクリプトを作成するだけ。

[shell]

vi /etc/init.d/redis

[/shell]

で、下記を貼り付ける

execとかpidfileのパスはそれぞれあわせてください。

/etc/init.d/redis

#!/bin/sh
#
# redis        init file for starting up the redis daemon
#
# chkconfig:   - 20 80
# description: Starts and stops the redis daemon.

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

name="redis-server"
exec="/usr/local/src/redis-2.6.7/src/$name"
pidfile="/var/run/redis/redis.pid"
REDIS_CONFIG="/etc/redis.conf"

[ -e /etc/sysconfig/redis ] && . /etc/sysconfig/redis

lockfile=/var/lock/subsys/redis

start() {
    [ -f $REDIS_CONFIG ] || exit 6
    [ -x $exec ] || exit 5
    echo -n $"Starting $name: "
    daemon --user ${REDIS_USER-redis} "$exec $REDIS_CONFIG"
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && touch $lockfile
    return $retval
}

stop() {
    echo -n $"Stopping $name: "
    killproc -p $pidfile $name
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && rm -f $lockfile
    return $retval
}

restart() {
    stop
    start
}

reload() {
    false
}

rh_status() {
    status -p $pidfile $name
}

rh_status_q() {
    rh_status >/dev/null 2>&1
}

case "$1" in
    start)
        rh_status_q && exit 0
        $1
        ;;
    stop)
        rh_status_q || exit 0
        $1
        ;;
    restart)
        $1
        ;;
    reload)
        rh_status_q || exit 7
        $1
        ;;
    force-reload)
        force_reload
        ;;
    status)
        rh_status
        ;;
    condrestart|try-restart)
        rh_status_q || exit 0
        restart
        ;;
    *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart|condrestart|try-restart}"
        exit 2
esac
exit $?

最後に自動起動設定にする。

[shell]

chmod +x /etc/init.d/redis

sudo chkconfig redis on

[/shell]

これでサーバ再起動時にもredisが自動起動するようになる。

最後に起動確認

[shell]

/etc/init.d/redis start

[/shell]

起動停止はstopで

[shell]

/etc/init.d/redis stop

[/shell]


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL