IE10があいかわらずクソだった件


ie

Windowsは決して嫌いじゃないが、IEはひどすぎる。

どうやらWindows8にはInternetExplorer10がプリインストールされているらしい。

そのIE10がクソすぎる。何時まで経っても進歩しないIE。

「互換モード」というのがあるが、これは従来のブラウザ(といってもIEだけだけど)で表示に崩れがない場合でも表示互換が保てるようにするという機能。

これを是非とも廃止していただきたいと思っていたがIE10でもこの腹立たしい機能は残っていた。

ちなみに互換モードをONにするとアンカータグの中にブロック要素を指定した際にリンクが効かなくなる。

[html]

<a href="example.html">
<table>
<tr>
<th>あほ</th>
</tr>
<tr>
<td>ぼけ</td>
</tr>
</table>
</a>

[/html]

こういうのがリンクで効かなくなる。

webkit系ブラウザやFirefoxを使っている人は気づかないだろうがIEの互換モードだとhtml5が使えなくなるしcss3.0も効かない。

速度面では申し分無いが基本的な動作が不安定になる機能をわざわざつけるあたり、このままじゃブラウザとしてIEに将来性は無さそう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL