Javaでウィンドウ表示をする


Javaを使ってウィンドウを表示するときのメモ。

ウィンドウさえ表示してしまえばこっちのもん。

Frameクラスを継承してWindowクラスを作成する、もちろんファイル名は「Window.java」にする。

Window.java

[java]

import java.awt.Frame;
import java.awt.event.WindowAdapter;
import java.awt.event.WindowEvent;

public class Window extends Frame {
public static final void main(final String[] args){
// ウィンドウ生成
Frame AppWindow = new Frame();
// タイトルバー文字列設定
AppWindow.setTitle("タイトル");
// ウィンドウサイズ
AppWindow.setSize(800, 600);
// ウィンドウメッセージ取得用設定
WindowListener wl = new WindowListener();
AppWindow.addWindowListener(wl);
// ウィンドウ表示
AppWindow.setVisible(true);
}
}

// ウィンドウメッセージ取得様
class WindowListener extends WindowAdapter {
// 閉じるボタンが押されたらアプリ終了
public void windowClosing(WindowEvent e){
System.exit(0);
}
}

[/java]

にしてもeclipseは楽だなぁ。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL