PHPからRedisを使う(Predisの使用方法)


PHPでRedisを使うことが出来るライブラリのPredisを使ってみました。

基本的なコマンドは以下を見ればわかります。
そして「Predis」のダウンロード先は下記から
使いやすい場所にファイルをおいておいて下さい。
使用例
[php]
require ‘./predis/autoload.php’;
Predis\Autoloader::register();

$redis = new Predis\Client(‘tcp://127.0.0.1:6379’);
$redis->auth("123456789"); // パスワードを設定している時のみ

$list = "test-key";

$redis->lpush($list, "あほ");
$redis->lpush($list, "ぼけ");
$redis->lpush($list, "かす");
$num= $redis->llen($list);
echo "データ数:" .$num. "<br>\n";

for ($i = 0; $i < $num ; $i++) {

// 先頭から値を取り出す
echo $redis->lindex($list, $i) . "<br>";

} // end of for ($i = 0; $i < $num ; $i++)

$redis->quit();
[/php]

基本的にコマンドと同じ名前のメソッドが用意されてるのでそれを使えばいい
EXISTSコマンドが使いたかったら

[php]
if ($redis->exists === true) {

}
[/php]

てな具合に・・・
一応パスワード認証もあるんだけど基本的にポート番号を変えておいてパスワードも複雑にしなきゃいけない。
redisが高速すぎるせいでブルートフォースアタックも高速になるんやね・・・。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL