10月10日以降twitteroauth.phpが認証通らなくなってた。


ツイッターの自動POSTにtwitteroauth.phpっていうライブラリを使わせてもらってたんだけど「Could not….」、「Could not….」って出てくる。

どうやら仕様変更らしい(みんな大好きjsonの時代ですよ)

解決方法

twitteroauth.phpの

[php]

public $host = "https://api.twitter.com/1/";

[/php]

という行を

[php]

public $host = "https://api.twitter.com/";

[/php]

に変更

そんでもってtwitterにpostするプログラムをのapiの部分を

[php]

http://twitter.com/statuses/update.xml

[/php]

から

[php]

http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json

[/php]

に変更

xml形式のrssがそのうち消えて行き、json形式のrss配信が主流になっていきそうだね、特に来年。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL