yumでCentos6.6に最新のphp5.6をインストールする


php-hosting

とにかく便利なyumでphpの最新版を入れてみる。

最初にコンソールでリポジトリを追加する

vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

中身は下記のようにする


[remi]
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux 5 - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/el5.$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror
enabled=0
priority=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php56]
name=Les RPM de remi de PHP 5.6 pour Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/php56/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/php56/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

それで次はインストールしてみる

yum install php --enablerepo=remi-php56

これでphp関連がいろいろインストールされるはず。

gd-lastとかでエラーが出たら先に入れておく。

yum -y install gd-last

もしphpがすでにyumでインストールされている場合でも上書きしてくれます。

今後remi-php7みたいなのが出来るのかな?

phpやrubyはいいけどpythonは未だにyumが動かなくなったのがトラウマでなかなか最新版をサーバ機に入れる気になれない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。